芸能人・経営者のおくやみ情報

ジャック・モノーJacques Lucien Monod

分子生物学者[フランス]

1976年 5月31日 死去享年67歳

ジャック・モノー - ウィキペディアより引用

ジャック・リュシアン・モノー(Jacques Lucien Monod, 1910年2月9日パリ – 1976年5月31日カンヌ)は、フランスの生物学者。
生物における調節の分子メカニズムを中心として画期的な業績を挙げ、フランソワ・ジャコブとともにオペロン説を提出し、1965年のノーベル生理学・医学賞を受賞した。

推定関連画像

ジャック・モノーが亡くなってから、48年と55日が経過しました。(17587日)