芸能人・経営者のおくやみ情報

ヤン・インゲンホウスJan Ingenhousz

植物学者化学者[オランダ]

1799年 9月7日 死去享年70歳

ヤン・インゲンホウス(Jan Ingenhousz, 1730年12月8日 - 1799年9月7日)はオランダの医学者、植物生理学者、化学者、物理学者。
最も知られている業績は、植物が二酸化炭素を吸収し酸素を放出する過程で光が不可欠であることを示すことによって、光合成を発見したことである。
生前には、1768年にウィーンのハプスブルク家の人々に対して種痘を成功させたことで最も知られており、その出来事の後、彼はマリア・テレジアの個人的な相談相手かつ侍医ともなった。

ヤン・インゲンホウスが亡くなってから、222年と89日が経過しました。(81175日)

「ヤン・インゲンホウス」と関連する故人