芸能人・経営者のおくやみ情報

ピエール=マリー=アレクシス・ミラルデPierre-Marie-Alexis Millardet

植物学者、菌類学者[フランス]

1902年 12月15日 死去享年65歳

ピエール=マリー=アレクシス・ミラルデ(Pierre-Marie-Alexis Millardet、1838年12月13日 – 1902年12月15日)は、フランスの植物学者、菌類学者である。
植物病理学の分野に貢献した。
モンミレ=ラ=ヴィルで生まれた、ハイデルベルク大学、フライベルクで学んで、シュトラスブール大学 (1869年)、ナンシー大学 (1872年)、ボルドー大学(1876年)の植物学の教授を務めた。
主な業績は植物の防疫の分野で、1860年代にアメリカ合衆国からヨーロッパに侵入した寄生虫フィロキセラ(ブドウネアブラムシ)によって、ヨーロッパのブドウが壊滅的な被害を受けた時に、モンペリア大学のプランション(Jules Émile Planchon)とともに、フィロキセラに耐性のあるアメリカのブドウ品種を台木として接木する方法で流行を収束させた。
Plasmopara viticolaによるブドウのべと病の防止のために消石灰、硫酸銅と水からなる殺菌剤「ボルドー液」の殺菌効果を発見したことでも知られている。
Millardetは、植物の学名で命名者を示す場合にピエール=マリー=アレクシス・ミラルデを示すのに使われる。
(命名者略記を閲覧する/IPNIでAuthor Detailsを検索する。

ピエール=マリー=アレクシス・ミラルデが亡くなってから、118年と348日が経過しました。(43448日)