芸能人・経営者のおくやみ情報

下妻博 氏(しもづまひろし)

住友金属工業(現・新日鉄住金)元社長[日本]

2015年 11月15日 死去享年79歳

下妻 博(しもづま ひろし、1937年1月13日 - 2015年11月15日)は、日本の実業家。
鹿島アントラーズ・エフ・シー取締役。
元住友金属工業代表取締役社長。
北海道旭川市出身。
1960年東京大学文学部を卒業し、同年、住友金属工業(現・新日鐵住金)に入社。
主に営業畑を歴任し、1989年に取締役経営企画部長就任。
その後常務・専務・副社長を経て、2000年、社長に就任した。
鉄鋼不況で株価が額面割れするなど住金の経営危機を乗り切るべく、2002年に新日本製鐵(新日鉄)、神戸製鋼所と三社間資本提携を締結。
海外戦略では同年にイギリス・オランダ系の鉄鋼メーカー、コーラスと技術提携を結んだ。
住金の業績悪化の要因となっていた和歌山製鉄所は上工程部門を住金鋼鉄和歌山とし分社。
また和歌山の熱間圧延工場を休止し、合理化を進めた。
同じく不採算事業となっていたステンレス部門は新日鉄との合弁会社、新日鐵住金ステンレス (NSSC) とし、子会社の住友金属システムソリューションズはキヤノングループへ売却。