芸能人・経営者のおくやみ情報

アンナ・ハルプリン 氏Anna Halprin

振付師、バレリーナ[アメリカ]

2021年 5月24日 死去享年102歳

 - ウィキペディアより引用

アンナ・ハルプリン(出生時の姓名はハンナ・シューマン、1920年7月13日 - 2021年5月25日)は、 ポストモダンダンスとして知られる実験的芸術が生まれるきっかけを作った存在であり、モダンダンスの規則の破壊者を自任している。
ハルプリンは、マース・カニンガムやジョン・ケージなどの同時代人、そして彼女に学んだトリシャ・ブラウン、 シモーヌ・フォルティ、イヴォンヌ・レイナーとともに、戦後アメリカのダンスの再定義を行った。
1950年代にサンフランシスコ・ダンサーズ・ワークショップを設立し、自分と関心の近いアーティストたちに自分なりのアートを磨く場を提供した。
体がもつ能力を自由に探求できるようになると、運動感覚の認識(kinesthetic awareness)を用いて動きの方法を体系的に作り出した。
以後のハルプリンの作品はその多くがスコアに基づくもので、Planetary Dance(1987年)や、観客がスコアを与えられて自ら演者となる Myth(1960年代)などがある。
ハルプリンは、1972年に直腸癌と診断された。
この病気を理解するために、ハルプリンは自身の経験を記録し、情報を編集して「治癒の五段階」にまとめた。
そして1981年、この「五段階」を自分のコミュニティに適用し、大きなコミュニティ作品を作り出す。
ハルプリンは「もっと多くの人が自然界に直接、体験としてつながることができたら、環境や自己、そして他者に対する接し方は変わるはずだ」と述べている。
主な著 ……

関連作品