芸能人・経営者のおくやみ情報

ハインリッヒ・カロHeinrich Caro

化学者[ドイツ]

(過硫酸を発見しカロ酸と名付けられる)

1910年 11月10日 死去享年77歳

ドイツの有機化学者、化学工業家。ポーランドのポズナン生まれ。裕福な穀物商人の家に生まれ、1842年にベルリンに移る。ギムナジウムで染色師としての職業教育を受けながらベルリン大学で化学の講義を聴く。1857年に英国に留学し染色技術を学ぶ。ホフマンのアニリン染料に刺激され、有機化学者としての研鑽を積んだ。リーベルマンとともに赤色合成染料アリザリンの工業的合成法を完成し、コールタール中のアントラセンの利用に成功した。1889年に過硫酸を発見し、これはカロ酸と名付けられた。(参照元・日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」)

ハインリッヒ・カロが亡くなってから、111年と21日が経過しました。(40564日)