芸能人・経営者のおくやみ情報

ウサーマ・ビン・ラーディン 氏Usāma bin Muhammad bin ʿAwad bin Lādin

国際テロ組織アルカイダ指導者[サウジアラビア]

2011年 5月1日 死去射殺

 - ウィキペディアより引用

ウサーマ・ビン・ムハンマド・ビン・アワド・ビン・ラーディン(أسامة بن محمد بن عوض بن لادن、Usāma bin Muhammad bin ʿAwad bin Lādin, 1957年3月10日 - 2011年5月2日)は、サウジアラビア出身のイスラム過激派テロリスト。
1988年に国際テロ組織「アルカーイダ」を設立してその初代アミール(司令官)となり、以降アメリカ同時多発テロ事件をはじめとする数々のテロ事件を首謀したことで知られる。
連邦捜査局(FBI)における最重要指名手配者の1人であった。
サウジアラビア有数の富豪の一族に生まれたが、1994年にサウジアラビア国籍を剥奪され、以降は無国籍であった。
2011年5月、パキスタンにおいてアメリカ海軍特殊戦開発グループが行った軍事作戦によって殺害された。

関連作品

「ウサーマ・ビン・ラーディン」と関連する故人