芸能人・経営者のおくやみ情報

蔵玉錦敏正 氏(ざおうにしきとしまさ)

相撲力士[日本]

2020年 8月9日 死去多発性骨髄腫享年69歳

蔵玉錦 敏正(ざおうにしき としまさ、1952年9月3日 - )は、山形県山形市香澄町出身で、1970年代後半から1980年代前半にかけて活躍した大相撲力士。
鏡山部屋(入門時は伊勢ノ海部屋)に所属していた。
本名は安達 敏正(あだち としまさ)。
現役時代の体格は183cm、141kg。
得意手は左四つ、寄り。
最高位は西前頭筆頭(1981年1月場所)。
現在は、年寄・武隈を名乗り、時津風部屋付きの親方として後進を指導している。
来歴・人物 兄2人、妹1人の4人兄妹の三男として生まれた。
小学校4年生の頃から体がどんどん大きくなり、スポーツも万能で陸上、柔道、水泳が特に好きだった。
高校野球の名門である日本大学山形高等学校に在学中は学業面でも英語や数学が得意であり、日本大学工学部への推薦入学も内定していた。
しかしこの頃、創設間近だった元横綱・柏戸の鏡山部屋の庄内後援会会員で土地相撲でも活躍する知人に見出されて、勧誘された。
勉強は得意でも好きではなかったため、この勧誘を受け入れて高校を中退し、上京。
鏡山親方の内弟子として伊勢ノ海部屋に入門し、1970年9月場所で初土俵を踏んだ。