芸能人・経営者のおくやみ情報

仙元誠三 氏(せんげんせいぞう)

撮影監督[日本]

2020年 3月1日 死去享年83歳

仙元 誠三(せんげん せいぞう、1938年7月23日 - )は、日本の映画カメラマン、撮影監督。
日本映画撮影監督協会(J.S.C.)会員。
京都府出身。
同志社大学中退。
1958年8月1日、松竹に入社。
松竹京都撮影所にて撮影助手を務める。
1967年にフリーとなり、1969年の『新宿泥棒日記』で撮影監督としてデビュー。
独特の長廻しの撮影を監督の村川透とともに作り上げ、松田優作とのトリオで、1970年代後半に数々のアクション映画を成功させたことで知られる。
B級ものからポルノ、大作に至るまで、多数の作品に携わる。
デビュー前はプロ野球選手を志しており、阪神タイガースにテスト生として入団していた経歴も持つ。
2014年、平成26年度文化庁映画賞の功労賞を受賞した。
主な撮影作品 劇場映画 新宿泥棒日記(1969年) 書を捨てよ町へ出よう(1971年) キャロル(1974年) キタキツネ物語(1978年) 最も危険な遊戯(1978年) 殺人遊戯(1978年) 処刑遊戯(1979年) 蘇える金狼(1979年) 白昼の死角(1979年) 野獣死すべし(1980年) ヨコハマBJブルース(1981年) セーラー服と機関銃(1981年) 獣たちの熱い眠り(1981年) 野獣刑事(1982年) 汚れた英雄(1982年) 里見八犬伝(1983年) 探偵物語(1983年) 愛情物語(1984年) Wの悲劇(1984年) 早春物語(1985年) めぞん一刻(1986年) キャバレー(1986年) ア・ホーマンス(1986年) この愛の物語(1987年) 恋人たちの時刻(1987年) ラブ・ストーリーを君に(198 ……

関連作品