芸能人・経営者のおくやみ情報

フルドリッヒ・ツヴィングリHuldrych Zwingli

宗教家[スイス]

(スイス改革派教会の創始者)

(ユリウス暦) 1531年 10月11日 死去享年48歳

 - ウィキペディアより引用

フルドリッヒ・ツヴィングリ(独: Huldrych Zwingli、1484年1月1日 - 1531年10月11日)は、スイス最初の宗教改革者である。
スイス改革派教会の創始者で、チューリッヒに神聖政治を確立しようとした。
「聖書のみ」を信仰の基準としたこと、信仰そのものが大事だと説いたこと、万人祭司説を説いたことはマルティン・ルターと変わらなかったが、それ以外の部分においてルターと意見を異にしていた。
彼らはマールブルク会談で多くの論点について合意したが、聖餐論で一致することができなかった。
カトリック諸州との内戦の中で戦死した。
47歳だった。
ルターと並んで宗教改革の初期の立役者の一人だが、ルターと対立したことや、これもルターとは違い志半ばにして戦死したことなどからルターほどの知名度はない人物である。
ツヴィングリの残したものは、今日も改革派教会の信仰告白、礼拝、教会などの内に見る事が出来る。
他の名として「フルドライヒ」(Huldreych)と表記されたり、ウルリッヒ(Ulrich)と表記されることもある。

「フルドリッヒ・ツヴィングリ」と関連する故人