芸能人・経営者のおくやみ情報

桑山玉洲

文人画家、美術評論家[日本]

(寛政11年4月13日没)

1799年 5月17日 死去享年54歳

 - ウィキペディアより引用

桑山 玉洲(くわやま ぎょくしゅう、延享3年(1746年) - 寛政11年4月13日(1799年5月17日))は、江戸時代中期の文人画家・美術評論家。
祇園南海・野呂介石とともに紀州三大南画家と称される。
紀伊国(現在の和歌山県)出身。
名は政近をはじめに嗣幹、嗣粲、嗣燦と改め、字を白瑞、子戔、明夫、通称は茂兵次。
号は玉洲の他に明光居士、珂雪漁人、玉津嶋漁人、蘆泮、また堂号は鶴跡園、珂雪堂、聴雨堂、勧耕舎など。

関連作品