芸能人・経営者のおくやみ情報

カミーユ・ジョルダンMarie Ennemond Camille Jordan

数学者[フランス]

1922年 1月22日 死去享年85歳

マリ・エヌモン・カミーユ・ジョルダン(Marie Ennemond Camille Jordan、1838年1月5日 - 1922年1月22日)はフランスの数学者。
群論に関する基礎的研究と、影響力のある著書"Cours d'analyse"の二つによって有名である。
リヨンで生まれ、エコール・ポリテクニークで教育を受けた(1855年入学)。
職業的な技術者になり、エコール・ポリテクニークで教鞭をとった。
コレージュ・ド・フランスでリウヴィルの跡を継ぎ、独特な記号表記によって好評を博した。
今日、彼の名は以下に挙げる基礎的研究の成果よって記憶されている。
ジョルダン曲線定理 - 複素解析から要請されるトポロジー的結果である。
ジョルダン標準形 - しばしば ガウス=ジョルダンの消去法のヴィルヘム・ヨルダン (Wilhelm Jordan, 1842-1899)によるものと混同される。
ジョルダン=ヘルダーの公式 (fr:théorème de Jordan-Hölder/en:Jordan-Hölder theorem) - 組成列における基本的な公式である。
実際に、ジョルダンによる業績はガロア理論に大きな影響を与えた。
彼はまたマチュー群 (fr:Groupe de Mathieu/en:Mathieu group) や、有限単純群の分類 (fr:Groupe sporadique/en:Classification of finite simple groups) の最初の例についても研究した。
群の順列に関する著書"Traité de substitutions"は、1870年に刊行された。
1919年には、ロンドン王立協会の外国人会員になった。
小惑星25593(fr)とローヌ県ヴィルールバンヌにあるカミーユ・ジョルダン研究所(fr)にはジョルダンの名が冠 ……

関連作品

カミーユ・ジョルダンが亡くなってから、99年と319日が経過しました。(36479日)