芸能人・経営者のおくやみ情報

武田信縄(たけだのぶつな)

守護大名[日本]

(永正4年2月14日没)

(ユリウス暦) 1507年 3月27日 死去享年37歳

武田 信縄(たけだ のぶつな)は、戦国時代の甲斐国の守護大名・戦国大名。
甲斐守護職・武田氏の第17代当主。
武田信玄の祖父、武田勝頼の曾祖父。
室は実名不詳の崇昌院殿(広厳院殿)。
母は不詳であるが、山梨郡の国人・栗原氏の娘とする説がある。
天文14年(1545年)6月19日に死去しており、信縄の孫にあたる武田晴信(信玄)は弘治2年(1556年)11月に崇昌院殿の菩提を弔うために一宮郷(笛吹市一宮町)の地を同地の広厳院に寄進し、「崇昌院殿」の法名を「広厳院殿」と改めている。
側室に山梨郡岩下村(山梨市岩下)の地侍・岩下越前守の娘がいる。
実名・生没年は不詳で、『菊隠録』によれば法名は「桂岩妙英大姉」、死去は永正3年10月17日のこととされる(永正15年の同日に彼女の13回忌が行われているため)。
岩下氏は武田信虎の生母とする説がある。

関連作品

  • タイトル
    武田氏家臣団人名辞典
    種別
    単行本
    著者
    • 柴辻俊六
    • 平山優
    • 黒田基樹
    • 丸島和洋
    • 柴裕之
    • 鈴木将典
    出版社
    東京堂出版
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥73,880
    中古商品
    ¥73,880より

「武田信縄」と関連する故人