芸能人・経営者のおくやみ情報

浜田彦蔵

通訳、貿易商[日本]

(「新聞の父」)

1897年 12月12日 死去心臓病享年61歳

 - ウィキペディアより引用

浜田 彦蔵(はまだ ひこぞう、旧字体:濱田彦藏、天保8年8月21日(1837年9月20日) - 明治30年(1897年)12月12日)は幕末に活躍した通訳、貿易商。
「新聞の父」と言われる。
洗礼名はジョセフ・ヒコ (Joseph Heco)。
幼名は彦太郎(ひこたろう)。
帰国後は「アメ彦」の通称で知られた。
生涯 播磨国加古郡阿閇村古宮(現・兵庫県加古郡播磨町)で生まれる。
幼い頃に父を、嘉永4年(1851年)の13歳の時に母を亡くす。
その直後に義父の船に乗って海に出て途中で知人の船・栄力丸に乗り換えて江戸に向かう航海中、その船が10月29日(11月22日)に紀伊半島の大王岬沖で難破。
2ヶ月太平洋を漂流した後、12月21日(1852年1月12日)に南鳥島付近でアメリカの商船・オークランド号に発見され救助される。
その後、救助してくれた船員たちと共にサンフランシスコに滞在。
アメリカ政府より日本へ帰還させるよう命令が出て嘉永5年3月13日(1852年5月1日)にサンフランシスコを出発し、5月20日(7月7日)に香港に到着する。

関連書籍

はまだひこぞう [生]天保8(1837).8.21.播磨[没]1897.12.12.東京幕末に活躍した通訳,貿易商。アメリカ彦蔵,ヒコダ唐人ともいわれた。嘉永3(1850)年10月20日『栄力丸』で江戸を出航したが,遠州灘で遭難。52日間漂流したあげくアメリカ船『オークランド』号に救助されて,翌年2月サンフランシスコに着いた。その後は海員生活や学校生活をし,1858年アメリカに帰化してジョセフ・ヒコと名のり,日系アメリカ人第1号となった。安政6(1859)年T.ハリス公使に伴われ,通訳として神奈川に帰着。文久1(1861)年また帰米したが,翌年帰国後は貿易業を営んだ。元治1(1864)年6月日本最初の民間新聞『海外新聞』を創刊した(初めは手書きで『新聞誌』といい,翌年5月に改題して木版印刷になった)。その後は事業に失敗し,通訳や大蔵省勤務などで世を過ごした。 (引用元 コトバンク)