芸能人・経営者のおくやみ情報

アラン・チューリング 氏Alan Turing

数学者[イギリス]

(現代計算機科学の父)

1954年 6月7日 死去自殺享年43歳

アラン・チューリング - ウィキペディアより引用

アラン・マシスン・チューリング(Alan Mathison Turing, 1912年6月23日 - 1954年6月7日)はイギリスの数学者、論理学者、暗号解読者、コンピュータ科学者。
チャーチ=チューリングのテーゼと計算可能性理論への貢献が、まず真っ先に挙げられる。
特に、アルゴリズムを実行するマシンを形式的に記述したものの一つである「チューリングマシン」にその名を残し、人によっては前述のテーゼを「チューリング=チャーチ」と呼称するべきであるとする者もいるほどである。
また、任意のチューリングマシンを模倣(エミュレート)できる「万能チューリングマシン」は、同分野の基本的な定理のひとつである停止性問題の決定不能性定理と関係する。
さらに、理論面だけではなく、実際面でもコンピュータの誕生に重要な役割を果たした。
コンピュータ科学および(チューリング・テストなどからは)人工知能の父とも言われる。
がっしりした体形で、声は甲高く、話好きで機知に富み、多少学者ぶったところがあったといわれている。

Alan Mathison Turing(1912年6.23〜1954年6.8) イギリスの数学者。ケンブリッジ大学卒業(ハーディの教え子)、フェローとなる。第2次世界大戦中、政府暗号学校ブレッチリー・パーク(1939年9月に招集された)でドイツの暗号エニグマの解読に多大な貢献。チューリングマシン(Turing Machine)の構想(論文『計算可能数について』1937)と具現化(真空管1500個からなる世界最初のコンピュータ『コロッサス』1943)。 戦後、マンチェスター大学教授になるも不遇。1952年、同性愛で有罪判決を受け、精神科医にかかりホルモン治療の受けさせらるることになる。1954年6月、青酸カリ中毒(青酸カリを塗布した林檎をかじる?)で自殺(ただし自殺ではなく謀殺という説もあり)。※以上、藤原正彦著『天才の栄光と挫折 数学者列伝』ならびにサイモン・シン著『暗号解読』からまとめた。 * (引用元 Hatena Keyword)