芸能人・経営者のおくやみ情報

クレメンス14世Clemens XIV

ローマ教皇[イタリア]

1774年 9月22日 死去享年70歳

クレメンス14世 - ウィキペディアより引用

『クレメンス14世 (ローマ教皇)』より : クレメンス14世(クレメンスじゅうよんせい、Papa Clemens XIV, 1705年10月31日 - 1774年9月22日)はローマ教皇(在位:1769年5月19日-1774年9月22日)、カトリック教会の司祭。
本名、ジョバンニ・ヴィンセンツォ・アントニオ・ガンガネッリ(Giovanni Vincenzo Antonio Ganganelli)。
ヨーロッパ諸国の圧力に屈してイエズス会の解散を命令。
生涯 イタリア、リミニ生まれのフランシスコ会員で、説教師として評判だったガンガネッリは教皇ベネディクトゥス14世の知己となり、クレメンス13世によって枢機卿にあげられた。
彼が1769年に教皇に選ばれると、反イエズス会で凝り固まっていたヨーロッパの諸王室から強い圧力を受けた。
就任当初からイエズス会への過酷な対応が求められていたのである。
この時代、ヨーロッパ諸国では反イエズス会的な雰囲気がみなぎっていた。
クレメンス14世というと、すぐに「イエズス会禁止の張本人」というレッテルを貼られてしまうが、決して彼が喜んでこれを行ったわけではない。

クレメンスじゅうよんせいClemensXIV [生]1705.10.31.リミニ近郊[没]1774.9.22.ローマリミニ近郊出身の第249代教皇(在位1769~74)。本名GiovanniVincenzoAntonioGanganelli。リミニのイエズス会学校で学び,フランシスコ修道会に入って修道名をロレンツォLorenzoとした。学術関係の職位を歴任したのち,当時迫害を受けていたイエズス会との親密な関係を買われ,1759年に教皇クレメンス13世(在位1758~69)により枢機卿(→カーディナル)に任命され,1769年5月に教皇に選出された。当時ポルトガルは,イエズス会が根絶されないことを理由にポルトガル王ジョゼ1世(在位1750~77)がポルトガルをカトリック教会から離教させて9年目になっていた。クレメンス14世はポルトガルとの関係を修復する一方,フランスとスペインの離教を恐れ,1773年イエズス会を解散させた。会が本来の目的を遂行できない状態にあることと,教会に平穏をもたらしたいことを理由にあげた。1774年9月に死去した際,毒殺の噂が流れたが,検死の結果は自然死であった。 (引用元 コトバンク)