芸能人・経営者のおくやみ情報

林竹二 氏(はやしたけじ)

教育学者[日本]

1985年 4月1日 死去享年80歳

林 竹二(はやし たけじ、1906年12月21日 - 1985年4月1日)は日本の教育哲学者。
栃木県矢板市の生まれ。
東北学院に学び、のち1934年旧制の東北帝国大学法文学部哲学科を卒業。
専攻はギリシア哲学。
プラトンについての論文がある。
東北学院では山川丙三郎に師事した。
東北帝国大学では阿部次郎に親炙し全集の編集に携わった。
またA.E.テイラーの『ソクラテス』の注釈つき翻訳を出版したために、バーネット・テイラー説の信奉者として知られた。
第二次世界大戦の敗戦後、東北大学教育学部で教育史を担当。
森有礼について研究した。
またソクラテスの問答法を下敷きにした人間形成論を構想した。
東北大学から、教育学部と教職課程を分離し、宮城教育大学として独立させる計画が浮上したとき、林は最後までこれに反対した。
反対派が押し切られて同教育大学が設立されたのちの1969年、林は同大学の第二代学長に就任した。
終始学生の側に立つ姿勢を貫き、同大学が大学紛争の渦中に陥り、学生たちが大学構内を封鎖したときには、構内に入り込んで学生と対話の労を惜しまなかった。

はやし-たけじ 1906-1985昭和時代の教育学者。明治39年12月21日生まれ。母校東北大の教授をへて,昭和44年宮城教育大学長となる。ユニークな入試改革などをこころみる。学長在任中から全国の小・中学校をたずねて公開授業をおこなった。田中正造の研究家としても知られる。昭和60年4月1日死去。78歳。栃木県出身。著作に「授業・人間について」「田中正造の生涯」など。 (引用元 コトバンク)