芸能人・経営者のおくやみ情報

秩父宮雍仁親王 氏(ちちぶのみややすひとしんのう)

皇族[日本]

(大正天皇の第二皇男子)

1953年 1月4日 死去享年52歳

秩父宮雍仁親王 - ウィキペディアより引用

秩父宮雍仁親王(ちちぶのみや やすひとしんのう、1902年(明治35年)6月25日 - 1953年(昭和28年)1月4日)は、日本の皇族。
大正天皇と貞明皇后(同日の誕生日であった)の第二皇子。
昭和天皇の弟宮、今上天皇の叔父にあたる。
妃は勢津子(旧会津藩主・松平容保の四男で外交官を務めた松平恆雄の長女)。
御称号は淳宮(あつのみや)。
身位は親王。
お印は若松(わかまつ)。
階級は陸軍少将。
勲等功級は大勲位功三級。
勢津子妃との間に子女はない。
生涯 幼少の頃は裕仁親王(当時)、宣仁親王と共に育ち、3人とも仲は良かったと言う。
兄弟の中では最も活溌であり、そのことは1つ違いの兄とよく比較された。
玩具の取り合いで兄と喧嘩し、先に手を出すことも多々あった。
しかし兄がいない時は小心であり、自ら「内弁慶であった」と、戦後に回想している。
祖父である明治天皇には、よく玩具を与えられたと同じく回想しているが、明治天皇と触れ合う機会は、天皇自身が公務を優先したため生涯ほとんど無く、崩御寸前まで声を聞くこともなかった。

皇族。1902年(明治35年)6月25日生まれ、1953年(昭和28年)1月4日薨去。称号は淳宮(あつのみや)。 父は大正天皇、母は貞明皇后、兄は昭和天皇、弟は高松宮宣仁親王、三笠宮崇仁親王。勢津子妃殿下(松平節子)と結婚。子はなかった。 スキー、ラグビーなどスポーツの振興に力を入れたことから「スポーツの宮様」として国民に親しまれた。秩父宮ラグビー場(東京都港区)、秩父宮記念スポーツ博物館(東京都新宿区)、秩父宮記念公園(静岡県御殿場市)、秩父宮記念体育館(神奈川県藤沢市)に宮号が遺されている。 秩父宮雍仁親王の薨去から42年後の1995年(平成7年)8月25日、勢津子妃の薨去で秩父宮家は絶家となっている。 (引用元 Hatena Keyword)