芸能人・経営者のおくやみ情報

ヘンリー・ミラー 氏Henry Valentine Miller

作家[アメリカ]

1980年 6月7日 死去享年90歳

ヘンリー・ミラー - ウィキペディアより引用

ヘンリー・ヴァレンタイン・ミラー(Henry Valentine Miller, 1891年12月26日 - 1980年6月7日)は、アメリカ合衆国の小説家。
来歴・人物 ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン区にカトリックのドイツ系アメリカ人の家で生まれた。
父親は仕立て職人。
ブルックリン区ウィリアムズバーグで育つ。
ニューヨーク市立大学シティカレッジを中退。
1931年、シカゴ・トリビューンでの仕事を得る。
職業を転々としたのち、ヨーロッパを放浪。
1934年、自伝的小説『北回帰線』をパリにて発表。
しかし本国アメリカでは、その奔放な性表現により発禁になる(1964年、連邦最高裁にて「猥褻文書ではない」とする判決が下された)。
現在ミラーの書類はカリフォルニア大学ロサンゼルス校に保存されている。
著作集は1960年代に新潮社(全10巻)、2004年より水声社で「ヘンリー・ミラー・コレクション」が刊行中(2014年現在13冊)。
女性たち 女性遍歴が豊富なことでも知られている。
結婚は5回している。
最後の妻だったホキ徳田は、本人からは8人目の妻と聞いていたという。

Henry Miller (1891-1980) 米国ニューヨーク州ヨークビル生まれ。ニューヨーク市立大学中退後、国内を放浪。生涯で五度の結婚を経験し、ほとんど定職につかずに創作活動を行った。大胆な性描写や、人間疎外を生む現代文明への激しい批判にあふれた作風で知られる。代表作に『北回帰線?』『南回帰線?』『薔薇色の十字架』などがある。 (引用元 Hatena Keyword)