芸能人・経営者のおくやみ情報

ケイト・グリーナウェイKate Greenaway

挿絵画家[イギリス]

1901年 11月6日 死去享年56歳

ケイト・グリーナウェイ - ウィキペディアより引用

ケイト・グリーナウェイ (Kate Greenaway) ことキャサリン・グリーナウェイ(Catherine Greenaway, 1846年3月17日 - 1901年11月6日)は、イギリスのヴィクトリア朝時代に活躍したラファエル前派の画家である。
児童書の挿絵で知られる。
彼女が描く子どもたちは、男の子はスモック・フロックやスケルトン・スーツ、女の子はボンネットやモブキャップ・ストロー・ボンネットの付いたハイウエストのピナフォア、ドレスなどを身に着けていた。
ケイトが描いたこれらの服は、リバティ百貨店が実際の子ども服のデザインとして採用し、「グリーナウェイ・スタイル」と呼ばれて一つのブームとなった。
1858年から1871年にかけて、フィンズベリー美術学校、サウス・ケンジントン美術学校、ヘザーリー美術学校、スレード美術学校でグラフィック・デザインと美術の教育を受けた。
彼女は、急成長していたグリーティングカード市場のためにデザインを始め、クリスマスカードやバレンタインカードを制作した。
1879年、版画家で印刷業者でもあるエドモンド・エヴァンスの企画により出版された『窓の下で』は瞬く間にベストセラーとなり、彼女の名声を確立した。
エヴァンスとのコラボレーションは、その後10年以上にわたって続いた。
絵本の黄金時代と呼ばれるヴィクトリア朝において、ウォルター・クレイン、ランドルフ・コールデコットらとともに活動した。
19世紀当時のイギリスでは子供が『小さな大人』と ……

関連作品

ケイト・グリーナウェイが亡くなってから、122年と204日が経過しました。(44765日)

「ケイト・グリーナウェイ」と関連する故人