芸能人・経営者のおくやみ情報

近衛前久(このえさきひさ)

公家、関白[日本]

(慶長17年5月8日没)

1612年 6月7日 死去享年77歳

近衞 前久(このえ さきひさ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての公家。
近衞家当主であり、動乱期に関白左大臣・太政大臣を務めた。
初名は晴嗣。
生涯 前歴 天文5年(1536年)、近衞稙家の長男として京都に生まれる。
母は久我通言の養女・慶子(細川高基の娘)。
天文9年(1540年)に元服し、叔母・慶寿院の夫でもある室町幕府第12代将軍・足利義晴から一字を賜り晴嗣(はるつぐ)を名乗る。
天文10年(1541年)には従三位に叙せられ公卿に列する。
天文16年(1547年)に内大臣、天文22年(1553年)に右大臣、天文23年(1554年)に関白左大臣となる。
また、藤氏長者に就任した。
天文24年(1555年)1月13日、従一位に昇叙し、足利家からの偏諱(「晴」の字)を捨てて名を前嗣(さきつぐ)と改める。
上杉謙信との盟約 永禄2年(1559年)、越後国の長尾景虎(後の上杉謙信)が上洛した際、前嗣と景虎は互いに肝胆照らし合い、血書の起請文を交わして盟約を結んだ。

安土桃山・江戸前期の公卿。稙家の子。初名は晴嗣・前嗣、法号を東求院龍山。関白・左大臣。織田信長が奉じた将軍足利義昭との間に隙を生じ出奔、大坂・丹波を流浪する。のち信長の奏請により帰洛、九州に下って島津・大友・相良ら諸氏間の和議を謀り、また信長と本願寺との調停をはかった。本能寺の変後出家、晩年は徳川家康を頼って慈照寺に隠棲した。歌道・神道・暦学・書道・連歌等に精通し、その地方遍歴を通じて都文化の地方への普及に大きく寄与した。慶長17年(1612)歿、77才。 (引用元 コトバンク)