芸能人・経営者のおくやみ情報

津田真道(つだまみち)

幕臣、啓蒙学者、政治家、男爵[日本]

1903年 9月3日 死去享年75歳

津田真道 - ウィキペディアより引用

津田 真道(つだ まみち、文政12年6月25日(1829年7月25日) - 明治36年(1903年)9月3日)は、日本の武士(幕臣)、官僚、政治家、啓蒙学者。
福澤諭吉、森有礼、西周、中村正直、加藤弘之、西村茂樹らと明六社を結成。
岡山県出身。
美作国津山藩上之町(現:岡山県津山市)の生まれ。
幼名は喜久治。
後に真一郎、行彦とも名乗った。
嘉永3年(1850年)に江戸に出て箕作阮甫と伊東玄朴に蘭学を、佐久間象山に兵学を学ぶ。
藩籍を脱して苦学したが、安政4年(1857年)蕃書調所に雇用されて、文久2年(1862年)には西周とオランダに留学しライデン大学のシモン・フィセリングに学ぶ。
オランダ留学中の1864年(元治元年)にライデンのフリーメイソンリーの「ラ・ベルトゥ・ロッジ・ナンバー7」に入会している。
4年後に帰国する。
その講義録を慶応2年(1866年)に『泰西国法論』と題して訳出する。
これは日本初の西洋法学の紹介となる。
その後、幕府陸軍の騎兵差図役頭取を経て、目付に就任。
大政奉還に際しては徳川家中心の憲法案を構想した(『日本国総制度』)。

津田真道(1829-1903) 明治時代の啓蒙思想家。 美作国津山藩出身。江戸で学び、幕府の蕃書調所に入所後、西周と共にオランダに留学、ライデン大学で学ぶ(1862-6)。 師事したシモン・フィセリングの講義録を邦訳し、『泰西国法論』として出版(1868)。 福沢諭吉、西周らと、明六社の結成に参加した。 (引用元 Hatena Keyword)