芸能人・経営者のおくやみ情報

仲恭天皇(ちゅうきょうてんのう)

第85代天皇[日本]

(天福2年5月20日崩御)

(ユリウス暦) 1234年 6月18日 死去享年17歳

仲恭天皇(ちゅうきょうてんのう、建保6年10月10日(1218年10月30日) - 天福2年5月20日(1234年6月18日))は鎌倉時代の第85代天皇(在位:承久3年4月20日(1221年5月13日) - 承久3年7月9日(1221年7月29日))。
諱は懐成(かねなり)。
順徳天皇の第四皇子。
母は、九條良経の娘、中宮・立子(東一条院)。
中宮所生の嫡出の皇子として誕生し、生後1か月の11月26日に立太子。
父の順徳天皇が祖父の後鳥羽上皇と共に北条氏追討の挙兵(いわゆる承久の乱)に参加するため、承久3年(1221年)4月20日に譲位され4歳で践祚。
同年、祖父の後鳥羽上皇が承久の乱を起こしたが、北条泰時率いる幕府軍に敗北。
後鳥羽上皇・順徳上皇はそれぞれ隠岐・佐渡に、土御門上皇も自ら望んで土佐に配流された。
7月9日に幕府の手によって仲恭天皇は皇位を廃され、高倉天皇の第二皇子である守貞親王(後高倉院)の皇子・茂仁王(後堀河天皇)が即位した。
仲恭天皇は幼児で将軍九條頼経の従兄弟であることからその廃位は予想外であったらしく、後鳥羽上皇の挙兵を非難していた慈円でさえ、幕府に仲恭の復位を願う願文を納めている。

鎌倉時代前期の天皇。(建保六〔1218〕年10月10日〜天福二〔1234〕年五月二十日、在位:承久三〔1221〕年四月二十日〜同年七月九日) 順徳天皇の第一皇子、諱は懐成。母は九条良経の娘立子。 仲恭天皇とは明治3年に諡されたものであり、それ以前は半帝、九条廃帝、後廃帝などと呼ばれていた。 治天の君である祖父・後鳥羽上皇の指揮で父・順徳天皇が承久の乱に加わるため幼くして践祚したが、あっさりと鎌倉幕府に敗れたためにそのせいで半年も経たずに退位、九条家に渡御し、九条家に養育されることとなったために九条廃帝と呼ばれる。しかし即位式すら挙げられなかったため即位は認められず、廃帝どころか半帝と呼ばれた。 (引用元 Hatena Keyword)