訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

宇多天皇(うだてんのう)

第59代天皇[日本]

(承平元年7月19日崩御)

(ユリウス暦) 0931年 9月3日 死去享年歳

宇多天皇 - ウィキペディアより引用
宇多天皇(うだてんのう、貞観9年5月5日(867年6月10日) - 承平元年7月19日(931年9月3日))は、日本の第59代天皇(在位:仁和3年8月26日(887年9月17日) - 寛平9年7月3日(897年8月4日))。
諱は定省(さだみ)。
後の佐々木氏などに代表される宇多源氏の祖先にもあたる(詳細は皇子女の欄参照)。
光孝天皇の第七皇子であり、母は桓武天皇の皇子仲野親王の娘・皇太后班子女王であった。
父光孝天皇は即位後に関白藤原基経の外孫であり、陽成天皇の弟であった貞保親王をはばかり、元慶8年(884年)6月に26人の皇子皇女を臣籍降下させて源氏とした。
定省王もその一人であり、源定省(みなもと の さだみ)と称した。
この臣下時代、殿上の間の御椅子の前で在原業平と相撲をとり、二人の体が椅子にぶつかったため手すりが折れたという話が残っている。
仁和3年(887年)には光孝天皇が重態に陥ったが、後継を指名しなかった。
実力者の基経は天皇の内意が定省にあるとして、朝議を一決した。
定省は8月25日に皇族に復帰して親王宣下を受け、翌26日に皇太子に立てられた。