芸能人・経営者のおくやみ情報

元明天皇

第43代天皇[日本]

(ユリウス暦) 0721年 12月29日 死去享年歳

元明天皇 - ウィキペディアより引用
元明天皇(げんめいてんのう、斉明天皇7年(661年) - 養老5年12月7日(721年12月29日))は、日本(飛鳥時代 - 奈良時代)の第43代天皇。
女帝(在位:慶雲4年7月17日(707年8月18日) - 和銅8年9月2日(715年10月3日))。
名は阿閇皇女(あへのひめみこ)。
阿部皇女とも。
和風諡号は「日本根子天津御代豊国成姫天皇」(やまと ねこ あまつみよ(みしろ) とよくに なりひめの すめらみこと、旧字体:−豐國成姬−)である。
天智天皇の皇女で、母は蘇我倉山田石川麻呂の娘・姪娘(めいのいらつめ)。
持統天皇は父方では異母姉、母方では従姉で、夫の母であるため姑にもあたる。
大友皇子(弘文天皇)は異母兄。
天武天皇と持統天皇の子・草壁皇子の正妃であり、文武天皇と元正天皇の母。
藤原京から平城京へ遷都、風土記編纂の詔勅、先帝から編纂が続いていた古事記を完成させ、和同開珎の鋳造等を行った。
天武天皇4年(675年)に、十市皇女と共に伊勢神宮に参拝したという記録がある。