訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

北条貞時(ほうじょうさだとき)

武将、鎌倉幕府第9代執権[日本]
(応長元年10月26日没)
北条貞時 - ウィキペディアより引用
北条 貞時(ほうじょう さだとき)は、鎌倉時代後期の北条氏一門の武将。
北条氏得宗家当主、鎌倉幕府第9代執権(在職:弘安7年(1284年) - 正安3年(1301年))。
8代執権北条時宗の嫡男。
母は安達義景の娘・堀内殿(覚山尼)。
生涯 誕生と元服 文永8年12月12日(1272年1月14日)、北条時宗の嫡男として鎌倉に生まれる。
幼名は幸寿丸。
建治3年(1277年)12月2日に元服して貞時と名乗った。
この様子は『建治三年記』の同日条に得宗家嫡男の元服の貴重な記録として残されている。
この時の烏帽子親は明確には示されていないが、「二棟の御所西の御格子に上らる。
西の御侍」の記述から、元服が行われた場所が二棟御所の西侍であり、「越州刻限を申さる。
その後出御か。
次いで賢息(=貞時)御簾中に参らる。
」という表現から当時の将軍・惟康親王が立ち会ったことが窺えるため、これまでの得宗家当主と同様に将軍(惟康親王)を烏帽子親として元服したものとみられている。

↑ PAGE TOP