芸能人・経営者のおくやみ情報

平重盛(たいらのしげもり)

平家の武将[日本]

(平清盛の嫡男、治承3年閏7月29日没)

(ユリウス暦) 1179年 9月2日 死去享年42歳

平重盛 - ウィキペディアより引用

平 重盛(たいら の しげもり)は、平安時代末期の武将・公卿。
平清盛の嫡男。
保元・平治の乱で若き武将として父・清盛を助けて相次いで戦功を上げ、父の立身に伴って累進していき、最終的には左近衛大将、正二位内大臣にまで出世した。
嫡男ではあったが継室の時子の子である宗盛や徳子とは母が異なり有力な外戚の庇護はなく、正室が藤原成親の妹・経子であったため、成親失脚後は一門のなかでは孤立気味であった。
政治的には平氏一門の中で最も後白河法皇に近い立場にあった。
清盛の後継者として期待されながらも、清盛と後白河法皇の対立では有効な対策を取ることができないまま、父に先立ち病没した。
六波羅小松第に居を構えていたことから、小松殿ないし小松内大臣とも、またその邸宅に48の灯籠(灯篭)を建てていたことから灯籠大臣とも称された。
生涯 保元の乱、平治の乱 保延4年(1138年)、清盛の長男として誕生。
母は右近将監・高階基章の娘。
久安6年(1150年)12月、鳥羽法皇の蔵人に補される。
翌年正月に従五位下になる。
保元元年(1156年)の保元の乱に父に従って参戦。

たいらのしげもり [生]保延4(1138)[没]治承3(1179).7.29.平安時代末期の武将。清盛の長子。12歳で蔵人となって以来,保元・平治の乱で父清盛に従って活躍。長寛1(1163)年従三位に叙される。平氏政権の確立とともに官位が累進し,仁安2(67)年従二位権大納言,翌年病により官を辞したが,承安1(71)年権大納言に復し,治承1(77)年正二位内大臣左近衛大将。小松第にいたので「小松内府」と呼ばれた。鹿ヶ谷の陰謀事件で(→鹿ヶ谷事件),後白河法皇を幽閉しようとする父をいさめて,法皇の罪を不問とした。同3年病のため職を辞し,入道した。『平家物語』には,道理をわきまえた人物として描かれている。 (引用元 コトバンク)