芸能人・経営者のおくやみ情報

山本直純 氏

作曲家指揮者[日本]

2002年 6月18日 死去急性心不全享年71歳

山本直純 - ウィキペディアより引用

山本 直純(やまもと なおずみ、1932年12月16日 - 2002年6月18日)は、日本の作曲家、指揮者。
東京都の出身。
作曲家の山本正美は妻、作曲家の山本純ノ介は長男、チェリストの山本祐ノ介は二男。
父は作曲家で指揮者の山本直忠、弟はパーカッション奏者の山本直喜、ファゴット奏者の山本直親も弟という音楽一家である。
東京五反田の至誠病院に生まれ、中野区や大田区や豊島区などを転々として育つ。
幼児期から父山本直忠の作曲弟子、作曲家渡辺浦人によって徹底した早期音楽英才教育を施されたほか、自由学園で羽仁協子や久山恵子、林光、三善晃などと共に早期音楽教育を受ける。
自由学園時代の学友の一人に渡辺岳夫がいる。
指揮は高校時代から自由学園を借りて毎週日曜に開かれていた齋藤秀雄指揮教室で齋藤秀雄に師事。
同時期の同門に、小澤征爾、久山恵子、秋山和慶、飯守泰次郎、尾高忠明らがいる。
小澤は後に、「自分は日本に留まって音楽の底辺を広げる。
お前は世界を目指せ」と山本から告げられたことがあった、と語っている。
1951年、東京芸術大学の入試に失敗し、父の弟子である渡辺浦人のもとに預けられて渡辺の仕事の手伝いをする。

作曲家・指揮者 誕生日:1932年(昭和7年)12月16日 出身地:東京都 東京芸術大学作曲科で入学後指揮科に転科し卒業 父は作曲家・指揮者の山本直忠?。息子は作曲家の山本純ノ介。 黒メガネとヒゲの指揮者でお馴染み。 日本船舶振興会の「戸締り用心火の用心」のCMで、持っている纏を元気良くにこやかに振り上げていた姿でもお馴染み。  東京芸術大学作曲科に入学、のちに指揮科に転じる。在学中よりラジオ、テレビ、レコード、映画など各分野で才能を発揮し、『男はつらいよ』テーマ音楽、『一年生になったら』など、広く親しまれる作品を多数生み出す。72年、小沢征爾とともに新日本フィルハーモニー交響楽団を設立、指揮者団幹事となる。73年より10年間テレビ番組『オーケストラがやって来た』の音楽監督を務め、またテレビCM等に出演して広く知られる。74年、国連委嘱作品『人』を作曲、ボストン・ポップスを指揮した。82年より98年まで毎年大阪城ホールで「一万人の第九」を構成・指揮。クラシックの大衆化に力を注ぎ、その功績は大きい。2002年6月18日、急性心不全のため死去。享年69。 (引用元 Hatena Keyword)