芸能人・経営者のおくやみ情報

コロムビア・トップ 氏

漫才師、元コロムビア・トップ・ライト[日本]

2004年 6月7日 死去享年83歳

コロムビア・トップ - ウィキペディアより引用

コロムビア・トップ(1922年5月6日 - 2004年6月7日)は、日本の漫才師、漫談家、政治家。
参議院議員。
本名、下村 泰(しもむら ゆたか)。
勲等は勲二等。
東京市浅草区(現:東京都台東区浅草)出身。
三男は俳優の下村彰宏。
「青空一門」の総帥。
漫才協団(現:漫才協会)を率いて「トップに嫌われては東京の漫才師としては生きられない」と言われる程の勢力を誇った。
議員活動としては「あゆみの箱」活動、障害者福祉などの分野に取り組んだ。
議会内では必ず和服を着ていた。
1994年3月に当時の細川護煕首相と会食した際、首相が「辞めたい」とこぼした事を報道陣に暴露し騒然となる。
細川は一ヶ月後退陣に追い込まれた。
最晩年は癌を患いながらも死去する数ヶ月前までラジオに生出演するなど仕事への執念を見せた。
懐メロ番組の司会も多く務め、「昭和歌謡大全集」ではご意見番として出演し、「年忘れにっぽんの歌」では途中何度か間はあるものの、1968年から2000年まで通算30年以上司会を務めている。

漫才師。政治家、元参議院議員。 本名:下村泰 1922年5月6日生まれ。2004年6月7日死去。 東京都台東区浅草出身。 コロムビア・ライトと漫才コンビ「コロムビア・トップ・ライト」を結成し漫才師として活躍した。 1974年、参議院議員に当選したことにより「コロムビア・トップ・ライト」はコンビを解消した。 政治家としては、参議院議員を3期務め、障害者福祉などの分野を中心に取り組んだ。また、議会内では必ず和服を着ていた。 (引用元 Hatena Keyword)

「コロムビア・トップ」と関連する人物(故人)