芸能人・経営者のおくやみ情報

足利尊氏(あしかがたかうじ)

武将、室町幕府初代将軍[日本]

(正平13年4月30日没)

(ユリウス暦) 1358年 6月7日 死去背中の腫瘍享年54歳

足利尊氏 - ウィキペディアより引用

足利 尊氏(あしかが たかうじ)は、鎌倉時代後期から南北朝時代の武将。
室町幕府の初代征夷大将軍(在職:1338年 - 1358年)。
足利将軍家の祖。
足利貞氏の次男として生まれる。
足利氏の慣例に従い、初めは得宗・北条高時の偏諱を受け高氏(たかうじ)と名乗っていた。
元弘3年(1333年)に後醍醐天皇が伯耆船上山で挙兵した際、その鎮圧のため幕府軍を率いて上洛したが、丹波国篠村八幡宮で幕府への叛乱を宣言、六波羅探題を滅ぼした。
幕府滅亡の勲功第一とされ、後醍醐天皇の諱・尊治(たかはる)の偏諱を受け、名を尊氏(たかうじ)に改める。
後醍醐の独裁体制である建武の新政が急速に人心を失っていく中、鎌倉方の残党が起こした中先代の乱により窮地に陥った弟・足利直義救援のため東下し、乱を鎮圧したあとも鎌倉に留まり独自の武家政権を樹立する構えを見せた。
これにより天皇との関係が悪化し、上洛して一時は天皇を比叡山へ追いやった。
天皇側の反攻により一時は九州に都落ちしたものの、再び太宰府天満宮を拠点に上洛して京都を制圧、光明天皇を擁立して征夷大将軍に補任され新たな武家政権(室町幕府)を開いた。

室町幕府初代将軍。貞氏の子。初名は高氏。鎌倉幕府より後醍醐天皇討伐の命を受けるが、反旗を掲げ六波羅探題を滅ぼす。のち天皇と対立を深め、建武式目を制定して幕府を開き征夷大将軍となった。以後、吉野の南朝、弟直義と抗争を続けた。夢窓疎石に帰依し、後醍醐天皇の冥福を祈るため元に天龍寺船を派遣し、その利益で天龍寺を建立した。延文3年(1358)歿、54才。 (引用元 コトバンク)