芸能人・経営者のおくやみ情報

ヨシフ・スターリン 氏

ソビエト連邦の政治家、書記長[ソ連]

1953年 3月5日 死去脳卒中享年74歳

ヨシフ・スターリン - ウィキペディアより引用

ヨシフ・ヴィッサリオノヴィチ・スターリン(ロシア語: Иосиф Виссарионович Сталин, 1878年12月18日 – 1953年3月5日)は、ソビエト連邦の政治家、軍人。
同国の第2代最高指導者。
広く知られているスターリンという姓は「鋼鉄の人」を意味する筆名であり、本姓はジュガシヴィリ(ロシア語: Джугашвили、グルジア語: ჯუღაშვილი)である。
グルジア語名იოსებ ბესარიონის ძე ჯუღაშვილი(イオセブ・ベサリオニス・ゼ・ジュガシヴィリ)としてロシア帝国領ゴリ市(現グルジア)に出生。
正教の神学校で教育を受けるが、のちに棄教、無神論に転向してマルクス主義に基づいた革命運動に参加する。
ウラジーミル・レーニンによるロシア社会民主労働党ボリシェビキ派(ロシア共産党)による十月革命に加わり、ソヴィエト連邦政府およびソヴィエト連邦共産党の成立に深く関与。
1924年、レーニン死後に起きたレフ・トロツキーとの後継者争いを制すると、自身が務めていたソビエト連邦共産党中央委員会書記長に権限を集中させることで後継者としての地位を確立した。

本名、ヨシフ・ビサリオノヴィッチ・ジュガシビリ (Iosif Vissarionovich Dzhugashvili) Stalin,Iosif 1879年(明治12):12月21日生 1953年(昭和28): 3月5日没 ゴリ(グルジア)出身 父はグルジヤ・ゴリの靴屋 スターリンはペンネームで「鋼鉄の人」のこと 1898年(明治31):グルジア社会民主党に参加,革命運動に加わる 1902年(明治35):逮捕,以後、1913(大正2)年まで7回逮捕され、2度のシベリア流刑、逃亡. 1912年:ボルシェビキ中央委員会委員,機関紙「プラウダ」編集 ロシア革命後民族人民委員 1917年(大正6):ロシア革命 民族人民委員 共産党政治局員 1922年(大正11):共産党中央委員会書記長 五カ年計画を推進 徹底した農業集団化を指導 ウラジーミル・レーニンの没後、トロツキー、ジノビエフ、カーメネフ、ブハーリンらを退け、党と政府を掌握 1936年(昭和11):ソビエト連邦憲法制定 1936年(昭和11)〜1938(昭和13): 赤軍など大粛清 1941年(昭和16): 首相(人民委員会議長) 国家防衛委員会議長、赤軍最高司令官を兼任 1943年(昭和18):11月28日〜12月1日 テヘラン会談 1945年(昭和20):2月4日〜11日 ヤルタ会談 7月17日〜8月2日 ポツダム会談に出席 1953年(昭和28):3月5日 モスクワで死去 1961年(昭和36):遺体がレーニン・スターリン廟から搬出 著作 「レーニン主義の基礎」 「ソ連における社会主義の経済的諸問題」  ヒトラー、毛沢東と並び、近代世界三大大量殺戮者の一人と言われる。 死後、フルシチョフに「スターリン批判」の演説をされる。 (引用元 Hatena Keyword)