芸能人・経営者のおくやみ情報

長久保赤水(ながくぼせきすい)

地理学者漢学者[日本]

(享和元年7月23日没)

1801年 8月31日 死去享年85歳

長久保赤水 - ウィキペディアより引用

長久保 赤水(ながくぼ せきすい、本名:玄珠、俗名:源五兵衛、享保2年11月6日(1717年12月8日) - 享和元年7月23日(1801年8月31日))は、江戸時代中期の地理学者、漢学者である。
常陸国多賀郡赤浜村(現在の茨城県高萩市)出身。
号の赤水と字の玄珠は荘子の天地篇にある『黄帝、赤水の北に遊び、崑崙の丘に登って、面して南方して還帰し、其玄珠を遺せり。
』から取られている。
農民出身であるが、遠祖は大友親頼の三男・長久保親政。
現在の静岡県駿東郡長泉町を領して長久保城主となり、長久保氏を称したとされる。
学問を好み地理学に傾注する。
17歳(1733年(安永3年))の頃から近郷の医師で漢学者の鈴木玄淳の塾に通い、壮年期に至るまで漢字や漢詩などを学んだ。
25歳(1741年(寛保元年))の頃、玄淳らとともに水戸藩の儒学者で彰考館総裁を務めた名越南渓に師事し、朱子学・漢詩文・天文地理などの研鑽を積んだ。
また、地図製作に必要な天文学については、名越南渓の斡旋により渋川春海の門下で水戸藩の天文家であった小池友賢に指導を受けた。

「改正日本輿地路程全図(赤水図)」の作者として知られる地理学者。 1717年、常陸国多賀郡(現在の茨城県高萩市)生まれ。 (引用元 Hatena Keyword)

「長久保赤水」と関連する人物(故人)