芸能人・経営者のおくやみ情報

西園寺公一 氏

政治家[日本]

1993年 4月22日 死去老衰享年88歳

西園寺公一 - ウィキペディアより引用

西園寺 公一(さいおんじ きんかず、明治39年(1906年)11月1日 - 平成5年(1993年)4月22日)は、日本の政治家。
参議院議員、外務省嘱託職員、太平洋問題調査会理事など歴任した。
生涯 生い立ち 明治39年(1906年)11月1日、公爵西園寺家の嫡男として神奈川県に誕生した。
祖父は西園寺公望、父は公望の養子西園寺八郎(実父は旧長州藩主で・公爵毛利元徳)で、母は公望の娘・新である。
学習院初等科を経て、1924年に東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。
附属中の同級生には、朱牟田夏雄(東大名誉教授)、春山泰雄(元サッカー日本代表)などがいた。
その後、イギリスのオックスフォード大学へ留学。
ここでマルクス主義の洗礼を受ける。
昭和5年(1930年)、オックスフォード大学を卒業した。
戦前 1931年に日本へ帰国。
父八郎から宮内省入りを勧められたが頑として拒絶。
東京帝国大学大学院に在学中、外務省の試験を受けて失敗。
「英語は素晴らしくよくできたが、日本式の答案にはまるで不慣れ」だったのが原因だったが、これを聞いた近衛文麿は「折角きてくれるというのに、なんてもったいないことをするんだろう」と外務省の官僚主義を嘆いた。

さいおんじきんかず [生]1906.11.1.神奈川[没]1993.4.22.東京政治家。元勲西園寺公望の孫。1930年オックスフォード大学卒業。34年外務省の嘱託,近衛文麿のブレーン。41年ゾルゲ事件で逮捕される。47年参議院議員に当選。53年から一家をあげて中国に渡り,日中間の友好,交渉の窓口となり,国交未回復時代の民間大使と呼ばれた。日本共産党員だったが,67年,親中国派として除名された。70年に帰国したが,その後も日中間を往復し,廖承志ら中国要人の信頼も厚く,日中関係に占める役割が大きかった。日中文化交流協会常任理事をつとめていた。 (引用元 コトバンク)