芸能人・経営者のおくやみ情報

藤沢周平 氏

直木賞作家[日本]

1997年 1月26日 死去肝不全享年71歳

藤沢 周平(ふじさわ しゅうへい、1927年(昭和2年)12月26日 - 1997年(平成9年)1月26日)は、日本の小説家。
山形県鶴岡市出身。
本名、小菅 留治(こすげ とめじ)。
血液型はB型。
江戸時代を舞台に、庶民や下級武士の哀歓を描いた時代小説作品を多く残した。
とくに、架空の藩「海坂藩(うなさかはん)」を舞台にした作品群が有名である。
長女遠藤展子は、エッセイスト。
2010年4月29日、出身地の鶴岡市に「鶴岡市立藤沢周平記念館」が開館した。
来歴・人物 生い立ち 山形県東田川郡黄金村大字高坂字楯ノ下(現在の鶴岡市高坂)に生まれる。
父小菅繁蔵と母たきゑの第四子(兄弟は順に繁美、このゑ、久治、留治、てつ子、繁治)。
実家は農家で、藤沢自身も幼少期から家の手伝いを通して農作業に関わり、この経験から後年農村を舞台にした小説や農業をめぐる随筆を多く発表することになる。
郷里庄内と並んで農は、作家藤沢周平を考えるうえで欠くことのできない要素である。
1934年(昭和9年)、青龍寺尋常高等小学校入学(在学中に黄金村国民学校に改称。

ふじさわしゅうへい [生]1927.12.26.山形[没]1997.1.26.東京小説家。山形師範学校在学中から同人誌に寄稿を始めた。中学校に赴任するが,肺結核のため休職。療養中に俳誌『海坂』に投句。その後,業界紙の編集をするかたわら精力的な執筆活動を続け,1971年『溟(くら)い海』で『オール讀物』新人賞を受賞。73年『暗殺の年輪』で直木賞を受賞。いずれも死や運命をめぐる深く暗い情念が作品の根底を流れるといえる。連作短編集『用心棒日月抄』,長編小説『一茶』(1978),『回天の門』(79),『闇の傀儡師』(80)などからはさまざまな境遇に生きる人間に向けた穏やかな視線が加わり,読者層も広がった。さらに『海鳴り』(84),『蝉しぐれ』(88),『三屋清左衛門残日録』(89)では,青春時代から老境にいたる人間像を通し普遍的な人生のありさまを描き多くの共感を呼んだ。86年『白き瓶-小説・長塚節』で吉川英治文学賞,89年一連の執筆活動に対し菊池寛賞,90年『市塵』で芸術選奨文部大臣賞,さらに90年には「時代小説の完成」に対して朝日賞をそれぞれ受賞した。病の床で書き上げた『漆の実のみのる国』が遺作となった。 (引用元 コトバンク)