芸能人・経営者のおくやみ情報

立野信之 氏

作家[日本]

1971年 10月25日 死去享年69歳

立野信之 - ウィキペディアより引用

立野 信之(たての のぶゆき、1903年10月17日 -1971年10月25日)は日本の小説家。

千葉県生まれ。
千葉敬愛高等学校 旧制関東中学校中退。

20歳で市原郡五井町役場に就職するも、2年後に連隊に入営。
除隊後の1928年、軍隊経験を元に書いた「標的になった彼奴」にてデビューする。

当初はプロレタリア文学に傾倒しており反戦的な作品を発表していたが、1930年、治安維持法違反で検挙、翌年獄中で転向を表明した。
終戦後の1952年、彼の代表作となる二・二六事件を題材にしたノンフィクション小説「叛乱」を発表。
文壇活動としては日本ペンクラブの運営に深く関わり、幹事長、副会長などを歴任している。

1953年、「叛乱」で第28回直木賞受賞。

軍隊病 兵士と農民に関する短篇集 戦旗社 1929 (日本プロレタリア作家叢書)

  • 題名
    立野信之集 (房総文芸選集)
    著者
    立野信之
    発売元
    あさひふれんど千葉
    ページ数
    217ページ
    発売日
    1991-01
    新品価格
    ¥ 5,303
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    叛乱 (学研M文庫)
    著者
    立野信之
    発売元
    学習研究社
    ページ数
    685ページ
    発売日
    2004-02
    新品価格
    中古商品
    ¥ 1,176 より
  • 題名
    東京裁判 (1955年) (角川小説新書)
    著者
    立野信之
    発売元
    角川書店
    ページ数
    223ページ
    発売日
    1955
    新品価格
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    昭和軍閥 (1963年)
    著者
    立野信之
    発売元
    講談社
    ページ数
    発売日
    1963
    新品価格
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    黒い花〈下〉 (1974年)
    著者
    立野信之
    発売元
    ぺりかん社
    ページ数
    281ページ
    発売日
    1974
    新品価格
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    黒い花〈上〉 (1974年)
    著者
    立野信之
    発売元
    ぺりかん社
    ページ数
    296ページ
    発売日
    1974
    新品価格
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    叛乱〈上〉 (1970年)
    著者
    立野信之
    発売元
    ぺりかん社
    ページ数
    417ページ
    発売日
    1970
    新品価格
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    叛乱〈下〉 (1970年)
    著者
    立野信之
    発売元
    ぺりかん社
    ページ数
    360ページ
    発売日
    1970
    新品価格
    中古商品
    ¥ 119 より
  • 題名
    青春物語―その時代と人間像 (1962年)
    著者
    立野信之
    発売元
    河出書房新社
    ページ数
    238ページ
    発売日
    1962
    新品価格
    中古商品
    ¥ 3,456 より
  • 題名
    叛乱 (1952年)
    著者
    立野信之
    発売元
    六興出版社
    ページ数
    377ページ
    発売日
    1952
    新品価格
    中古商品
    ¥ 541 より

たてののぶゆき [生]1903.10.17.千葉,五井[没]1971.10.25.東京小説家。中学校中退後,農業,同人誌の発行などをしていたが,1924年入営,軍隊生活の体験に基づく『標的になつた彼奴』(1928)でプロレタリア文学の新しい領域を開いた。28年『戦旗』編集委員,30年日本プロレタリア作家同盟書記長。同年検挙され,転向文学として代表的な『友情』(34)を発表。ほかに『太陽はまた昇る』(51),『昭和軍閥』(63)など。二・二六事件に取材した『反乱』(52)で直木賞受賞。 (引用元 コトバンク)