芸能人・経営者のおくやみ情報

今福将雄 氏

俳優[日本]

2015年 5月27日 死去心筋梗塞享年95歳

今福 将雄(今福 將雄、いまふく まさお、1921年4月8日 - 2015年5月27日)は、日本の俳優。
本名は今福 正雄(読み同じ)。
福岡県飯塚市出身。
少壮のころから、独特の口跡と間合いで温かみのある老け役を中心に演じてきた。
文学座映画放送部所属。
来歴・人物 1940年に旧制福岡県立嘉穂中学校(現福岡県立嘉穂高等学校)を卒業後、九州飛行機の技師となる。
終戦直後、たまたま闇市で知り合いになった人にラジオドラマの効果音の手伝いを頼まれたことがきっかけで、NHK福岡放送劇団に入る。
ラジオドラマ『コメロンの貧乏神』で踏み切りの番人をしている老人役を演じ、テレビドラマにも進出。
梅津栄らと並ぶ、日本を代表する老け役の1人。
1966年に福岡放送劇団が廃止されたため、上京して文学座に研究生として入り、1968年に座員となってからは『女の一生』『五稜郭血書』などの舞台に立つ。
下川辰平とは文学座で同期だった。
映画では岡本喜八に重用され、喜八一家(喜八ファミリー)の一員に数えられる。
テレビドラマではNHKの作品への貢献が大きく、特に橋田壽賀子脚本作品に多数キャスティングされ、華を添えた。

日本の俳優。福岡県出身。第2次世界大戦後、NHK福岡放送劇団に入団してラジオドラマなどに出演。1966年に文学座に移り、以後、映画やテレビドラマ、舞台などで活躍。映画「日本のいちばん長い日」「トラック野郎・一番星北へ帰る」、NHKの連続テレビ小説「おしん」や大河ドラマ「峠の群像」など数多くの作品に出演し、名脇役として存在感を発揮した。2015年5月27日、死去。享年94。 (2015-6-3) (引用元 コトバンク)