芸能人・経営者のおくやみ情報

白井義男 氏(しらいよしお)

プロボクシング選手[日本]

2003年 12月26日 死去肺炎享年81歳

白井義男 - ウィキペディアより引用

白井 義男(しらい よしお、1923年11月23日 - 2003年12月26日)は、日本の元プロボクサー。
東京市(現東京都)荒川区出身。
元世界フライ級王者である。
日本人として初めての世界王者となった。
右のアウトボクサー。
小学6年生時の夜祭りの余興で行ったカンガルーとのボクシングに負けて以後、ボクシングにのめり込んだという。
プロデビューは戦時下の1943年。
8戦全勝の成績を残すが招集されて海軍に従軍し、整備士として終戦を迎える。
復員後、ボクシング界へ復帰したものの海軍時代に特攻機を整備した際の労災により腰痛となり、引退寸前の危機に追い込まれた。
しかしそのころジムに出入りしていたGHQ職員の生物学者アルビン・R・カーンに見出され、彼の全面的な支援の元にその素質を開花させていく。
カーンの指導の下、栄養豊かな食事を与えられ健康管理を徹底、長い手足と運動神経を活かした防御主体のよりテクニカルなスタイルに矯正したことで白井のボクシングは息を吹き返し、1952年にダド・マリノ(アメリカ)との世界タイトルマッチに勝利し王座を獲得。

  • 題名
    日本ボクシング不滅の激闘史 [DVD]
    監督
    出演俳優
    1. 白井義男
    2. 藤猛
    3. 輪島功一
    4. 具志堅用高
    5. 畑山隆則
    発売元
    TCエンタテインメント
    発売日
    2009年11月04日
    新品価格
    ¥ 29,629 より
    中古商品
    ¥ 18,534 より

しらいよしお [生]1923.11.23.東京,荒川[没]2003.12.26.神奈川,川崎プロボクサー。1943年拳道会に入門し,わずか2週間でプロデビューを果たす。以後,8戦全勝の快進撃を続けたが召集されて海軍に入隊。1946年に復帰後,連合国総司令部GHQのアルビン・R.カーン博士の科学的コーチを受け,その素質を開花させた。1949年に日本フライ級と日本バンタム級の2階級を制覇,1952年には世界フライ級タイトルマッチでアメリカ合衆国のダド・マリノを倒し,日本人プロボクサーとして初の世界チャンピオンの座に輝いた。以後4回のタイトル防衛に成功。1954年5度目の防衛戦でアルゼンチンのパスカル・ペレスに敗れ,1955年リターンマッチでノックアウトKO負けを喫して引退。その後,ボクシング解説者,評論家として活躍したが,1995年具志堅用高と白井・具志堅スポーツジムを設立,名誉会長として後進育成に貢献した。通算成績は48勝(20KO)8敗2分け。1995年勲四等旭日小綬章受章。 (引用元 コトバンク)