芸能人・経営者のおくやみ情報

加瀬邦彦 氏

ミュージシャン、「ザ・ワイルドワンズ」リーダー[日本]

2015年 4月20日 死去自殺享年75歳

加瀬 邦彦(かせ くにひこ、1941年3月6日 - 2015年4月20日)は、日本のミュージシャン、作曲家、音楽プロデューサー。
経歴・人物 東京府(現東京都)生まれ。
1957年11月、慶應義塾高等学校1年生の時、東京都から茅ヶ崎市に移住したが、これが縁で同年12月23日にアメフト部の先輩の紹介により俳優上原謙のクリスマス・パーティーに誘われ、当時慶應義塾大学2年生だった加山雄三に出会い、音楽面のみならずプライベートでも親交を深めるようになる。
1961年には慶應義塾大学時代、初めてのバンド「ザ・トップビーツ」を結成する。
その後ホリプロに所属し、清野太郎、かまやつひろしらと「キャノンボール」を結成。
1963年には事務所命令により、かまやつひろしと共にザ・スパイダースに加入するも、寺内タケシの誘いを受けるために約3カ月で脱退し、1966年まで寺内タケシとブルージーンズ(1965年の東宝映画『海の若大将』や1966年の東宝映画『クレージーだよ奇想天外』などでその姿を窺える)に加入した。

日本の音楽家。1941年3月6日、東京都生まれ。63年にバンド「ザ・スパイダース」に3カ月在籍し、その後、66年まで「寺内タケシとブルージーンズ」でギターを担当。同年にグループサウンズの4人組バンド「ザ・ワイルドワンズ」を結成し、デビューシングル「想い出の渚」がヒットした。71年のバンド解散後は作曲家や音楽プロデューサーとして活躍し、沢田研二の代表曲「危険なふたり」「TOKIO」を始め、多くのミュージシャンに楽曲を提供。81年にはワイルドワンズを再結成し、その後、バンド「加山雄三&ハイパーランチャーズ」のプロデューサーも務めた。2014年に下咽頭がんと診断されて以降は療養生活を送っていたが、15年4月20日に死去。享年74。 (2015-4-23) (引用元 コトバンク)