芸能人・経営者のおくやみ情報

マッチ・ニッカネン 氏Matti Ensio Nykänen

元ノルディックスキージャンプ選手[フィンランド]

2019年 2月4日 死去享年57歳

マッチ・ニッカネン - ウィキペディアより引用

マッチ・エンシオ・ニッカネン(よりフィンランド語に近い表記ではマッティ・エンシオ・ニュカネン、Matti Ensio Nykänen、1963年7月17日 - )はフィンランドの中央スオミ県ユヴァスキュラ出身の元スキージャンプ選手。
1982年のオスロ世界選手権で18歳のとき個人90m級(K120、現在のラージヒル)で優勝を飾った後、1984年のサラエボオリンピックでは、個人70m級(K90、現在のノーマルヒル)で銀メダル、個人90m級で金メダルを獲得した。
続く1988年のカルガリーオリンピックでは個人70m級、90m級、団体90m級の3種目ですべて金メダルを獲得した。
スキージャンプ・ワールドカップでは史上最多の通算46勝をあげた(その後2013年にグレゴア・シュリーレンツァウアーが記録を更新)。
出身国のフィンランドでは知らぬ人はいないほどの国民的英雄である。
1980年代を代表する最強のジャンパーであり、「ジャンプで恐怖を感じたことはいまだかつて一度も無い」と述べる。

「マッチ・ニッカネン」と関連する人物(故人)