芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョニー大倉 氏(じょにーおおくら)

ロックミュージシャン俳優[韓国]

2014年 11月19日 死去肺炎享年63歳

ジョニー 大倉(ジョニー おおくら、1952年9月3日 - 2014年11月19日)は、ミュージシャン、俳優。
本名:大倉 洋一、韓国名:朴 雲煥(박운환 / パク・ウナン)。
神奈川県川崎市出身。
在日韓国人2世。
血液型AB型。
左利きであるが、ギター演奏は右へ矯正していた。
身長172cm、体重67kg(1982年)。
来歴・人物 川崎市立川崎高等学校出身。
1971年に矢沢永吉らとキャロルを結成し、当初は内田裕也へプロデュースの依頼を検討したものの結局はミッキー・カーチスのプロデュースでデビュー。
キャロルでは、ギターと作詞を担当。
矢沢永吉と共に曲作りのコンビを組んで、1973年には「ファンキー・モンキー・ベイビー」などの大ヒット曲を生み出した。
はっぴいえんど等が日本語をロックの音楽にのせるために奮闘していた時代に、堂々と日本語と英語をミックスした曲を作詞した草創期の人である。
1975年にキャロルによる共著『暴力青春』で在日韓国人二世であることをカミングアウト。
同年にキャロルを解散した後は、ソロでの音楽活動を始めるとともに俳優業にも手を広げる。

ミュージシャン、俳優。1952年9月3日、神奈川県生まれ。本名・大倉洋一。72年、矢沢永吉らとロックバンド「キャロル」を結成しデビュー。ボーカル・ギター・作詞を担当し、「ファンキー・モンキー・ベイビー」などを大ヒットさせた。75年、「キャロル」解散。同年、映画「異邦人の河」(李学仁(イ・ハギン)監督)に初出演した。81年の映画「遠雷」(根岸吉太郎監督)では日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。他、「戦場のメリークリスマス」(大島渚監督)などの映画やテレビドラマに出演し、ソロアーティストとしても活躍した。2003年、キャロル結成から解散までのことなどを綴った『キャロル夜明け前』(青志社)を刊行。06年、セルフカバー・アルバム「HEYMAMAROCK&ROLL」をリリース。09年、悪性リンパ腫の治療を経て、10年にニューアルバム「抱いて!抱いて!抱いて!」をリリースした。13年5月に肺癌とわかり、14年11月19日、肺炎のため死去した。享年62。 (2014-12-1) (引用元 コトバンク)

「ジョニー大倉」と関連する人物(故人)