芸能人・経営者のおくやみ情報

仙石秀久(せんごくひでひさ)

戦国武将、信濃小諸藩初代藩主[日本]

(慶長19年5月6日没)

1614年 6月13日 死去享年63歳

仙石秀久 - ウィキペディアより引用

仙石 秀久(せんごく ひでひさ)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。
信濃小諸藩の初代藩主。
出石藩仙石家初代。
豊臣秀吉の最古参の家臣で少年の頃より仕え、家臣団では最も早く大名に出世した。
戸次川の戦いで大敗し改易されるが、小田原征伐の活躍により許された。
生涯 美濃時代 天文21年(1552年)1月26日、美濃国の土豪・仙石治兵衛久盛の四男として美濃国加茂郡黒岩(現在の加茂郡坂祝町)に生まれた。
系図によれば仙石氏は藤原利仁を祖として始まったと伝承されており、本姓は藤原姓であった。
しかし仙石基秀の代に土岐氏の血を引く親族の仙石久重が後継者とされ、久重は基秀の娘と婚姻して家督を継承した。
これ以降、仙石氏は源姓(土岐源氏支流)を称している。
土岐氏没落後は台頭した斎藤氏に仕え、父・久盛も斎藤家三代に奉公した。
四男であった秀久は家督を引き継ぐ可能性が低く、親交のあった越前国の豪族である萩原国満の養子として引き取られている。
だが織田氏と斎藤氏が対峙する中で嫡男が相次いで倒れると久盛から急遽呼び戻され、仙石氏の家督を譲られる。

1552年〜1614年 戦国武将。信長、秀吉、家康らに仕えた。通称は権兵衛。 当初は織田信長に仕えて1580年に淡路洲本城主となる。本能寺後、秀吉に従って四国討伐の功績により讃岐を与えられ、高松城主となる(1585年)。 が、翌年の九州征伐の際に戸次川の合戦で大敗を喫し*1、所領没収となる。 小田原役の際に家康の周旋により従軍。信濃の小諸城主として大名に返り咲く。 *1:秀久の強引な渡河を待ち伏せしていた島津勢によって痛撃され、巻き込まれる形で十河勢、長宗我部勢も壊滅 (引用元 Hatena Keyword)