芸能人・経営者のおくやみ情報

長宗我部盛親(ちょうそかべもりちか)

戦国大名[日本]

(慶長20年5月15日没)

1615年 6月11日 死去斬首享年41歳

長宗我部盛親 - ウィキペディアより引用

長宗我部 盛親(ちょうそかべ もりちか)は、安土桃山時代から江戸時代前期の土佐の大名・武将。
長宗我部氏第22代当主。
長宗我部元親の4男。
父・元親の死後に長宗我部家の家督を継ぐ。
関ヶ原の戦いで西軍に属すが、敗色濃厚と見て戦わず帰国し、徳川氏に謝意を表した。
しかし、兄・津野親忠を殺したことをとがめられ、領国を没収され浪人となった。
のち豊臣側から故郷の土佐一国の贈与を条件に旧臣と共に大阪城に入城、大坂の陣が勃発し、激戦奮闘を繰り広げるが敗北した。
生涯 家督相続 天正3年(1575年)、四国の覇者として名高かった長宗我部元親の4男に生まれる。
幼名は千熊丸。
天正14年(1586年)の戸次川の戦いで長兄の長宗我部信親が戦死すると、兄の香川親和や津野親忠を推す一派と家督相続をめぐって争うが、父の強硬な後押しがあり、天正16年(1588年)に世子に指名された。
この家督相続には吉良親実をはじめとして反対する者が少なくなかった。
その理由のひとつは、元々盛親は兄弟の中でも傲慢で短気な性格から人望が薄く、嫌悪感を持つ者がいたからである(しかし元親はそれらを全て処断している)。

宮内少輔、長宗我部元親の四男。 天正16年(1588年)秀吉の小田原攻めに父とともに参加し、下田城を落城させる。 慶長5年(1600年)関ヶ原の戦いでは東軍に属す腹づもりだったが、手紙が届かず奇しくも西軍に属してしまう。戦後、井伊直政を通じて徳川家康に謝罪したが家臣の讒言により兄津野親忠を殺したことより、所領を没収される。 慶長19年(1614年)恩賞土佐一国に応じて、大阪入城するも翌年夏の陣で敗戦、捕らえられ六条河原で斬首される。享年40歳。 (引用元 Hatena Keyword)