芸能人・経営者のおくやみ情報

青山五郎 氏

青山商事創業者[日本]

2008年 1月15日 死去肺炎享年78歳

青山 五郎(あおやま ごろう、1930年3月4日 - 2008年1月15日)は、日本の実業家。
『洋服の青山』の名称で知られる紳士服チェーン大手、青山商事の創業者。
広島県府中市出身。
日本でいち早く郊外型店舗を導入したことで有名である。
讀賣テレビ放送社長を務めた青山行雄は兄。
広島県立府中中学校(現・広島県立府中高等学校)卒業。
日本専売公社に就職。
1964年5月 広島県府中市で青山商事を設立。
1967年10月 紳士服販売の営業に特化する。
1974年4月 初の郊外型店舗西条店を開店。
1977年8月 本社を府中市府中町から府中市鵜飼町に移転。
1987年4月 店舗数が100店舗を超える。
1987年11月 大阪証券取引所第二部、広島証券取引所に株式上場。
1990年8月 本社を府中市鵜飼町から広島県福山市に移転。
1990年11月 東京証券取引所市場第二部に株式上場。
1997年 代表取締役会長に就任。
2008年1月 肺炎のため死去。
77歳没。
備考 100円ショップ大手の大創産業との合弁で「ダイソー&アオヤマ 100YEN PLAZA」を展開する「株式会社青五(せいご)」の社名は青山五郎に由来している。