芸能人・経営者のおくやみ情報

横川景三

臨済宗[日本]

(明応2年11月17日入寂)

(ユリウス暦) 1493年 12月25日 死去享年65歳

横川景三(おうせんけいさん、永享元年(1429年) - 明応2年11月17日 (旧暦) 11月17日(1493年12月25日))は、室町時代中期から後期にかけての禅僧(臨済宗)。
後期五山文学の代表的人物。
室町幕府8代征夷大将軍 将軍足利義政の側近、外交・文芸顧問。
横川は道号で、法諱が景三。
他に金華、小補、補庵、万年村僧などとも号する。

永享元年(1429年)播磨国 播磨で生まれる。
4歳の時、京都 京の相国寺常徳院の英叟に僧童として仕える。
嘉吉元年(1441年)3月、英叟の師・曇仲道芳の三十三回忌にあたり、13歳にして東山養源院において頂相を拝して師資の礼を結び、薙染(剃髪染衣)した。
13歳、3月、三十三回忌など「三」という数にまつわる因縁が深いため「景三」の法諱を与えられた。
竜淵本珠・瑞渓周鳳・春渓洪曹らに教えを受け、学問に励む。

室町後期・戦国時代の臨済宗の僧。南禅寺239世。相国寺79世。播磨生。横川は道号、景三は法諱、別号に小補・補庵・金華等。初め相国寺常徳院英叟に就き、安国寺竜淵本珠、曇仲道芳に嗣法。応仁の乱には桃源瑞仙と共に近江慈雲寺・永源寺竜門庵に避難、識蘆庵の歌人小倉実澄と親交を結ぶ。等持寺の住持を経て相国寺・南禅寺に昇住、鹿苑院僧録司を務め、室町幕府の外交・文芸の顧問として活躍した。明応2年(1493)寂、65才。 (引用元 コトバンク)

「横川景三」と関連する人物(故人)