芸能人・経営者のおくやみ情報

宇津井健 氏(うついけん)

俳優[日本]

2014年 3月14日 死去慢性呼吸不全享年83歳

宇津井健 - ウィキペディアより引用

宇津井 健(うつい けん、1931年(昭和6年)10月24日 - 2014年(平成26年)3月14日)は、日本の俳優である。
身長173cm、血液型はA型。
東京府東京市深川区出身。
(現在の東京都江東区出身) 俳優座を経て、新東宝に入社。
若手映画スターの一人として活躍。
新東宝倒産後は大映に移籍、大映倒産後はフリーとなる。
大映在籍時からテレビドラマにも進出し、以来60年近く第一線で活躍した。
代表作は『スーパージャイアンツ』シリーズ、『ザ・ガードマン』、『新幹線大爆破』、『赤いシリーズ』、『さすらい刑事旅情編』、『信長 KING OF ZIPANGU』、『渡る世間は鬼ばかり』など。
特技は乗馬、ナイフ製作。
最終所属はサムデイ。
来歴・人物 千葉県立千葉高等学校卒業、早稲田大学第一文学部演劇専修中退。
勝新太郎とは幼馴染であった。
大学時代は馬術部に所属。
在学中の1952年に俳優座養成所に第4期生として入団。
同期には佐藤慶・中谷一郎・仲代達矢・佐藤允らがいる。
この間に1953年の映画『思春の泉』で初主演をした。
配役理由は「裸馬を乗りこなす」ことが条件だったため、適任者がなかなか見つからず、宇津井に白羽の矢がたった。

日本の俳優。1931年10月24日、東京都生まれ。本名同じ。 祖母の影響で、小学生の頃から日本舞踊を習う。50年、早稲田大学第一文学部芸術科に入学。在学中の52年、仲代達矢、佐藤慶らと俳優座養成所に4期生として入団。黒澤明監督の「七人の侍」に、エキストラで出演した後、53年、新東宝の映画「思春の泉」(中川信夫監督)で主演に抜擢されデビューする。54年、新東宝に入社。その後大学は中退する。57年からは国内初の特撮ヒーロー映画、「鋼鉄の巨人(スーパー・ジャイアンツ)」(石井輝男監督)シリーズで主演を務め、地球を守る宇宙人役を演じて子どもたちの人気を得る。その他、多彩な役を演じて若手新進スターとなった。 61年、新東宝が倒産すると大映に移籍。同年、千恵子夫人(後に友里恵に改名)と結婚。 60年代半ば以降は、活動の中心をテレビに置き、65年からは、大映テレビ室制作のTBS系「ザ・ガードマン」シリーズに主演。同番組は、65年と66年に2年連続視聴率1位、最高40.5%を記録する大ヒットとなり、人気を確立した。71年、大映倒産直前に独立した大映テレビに移籍。 74年、山口百恵が主演を務めるTBS「赤い迷路」に父親役で出演して大ヒット。75年「赤い疑惑」、76年「赤い運命」、77年「赤い激流」など、80年まで一連の「赤い」シリーズに出演し、「芸能界の紳士」「理想の父親」と称された。76年の「赤い衝撃」で主人公の恋人役を演じた三浦友和が山口百恵と80年に結婚した際には、仲人を務めた。 81~83年TBS「野々村病院物語」、88~95年テレビ朝日系「さすらい刑事旅情編」シリーズなどの作品で主演。一方、NHK大河ドラマの常連として、「武 …… (引用元 コトバンク)