芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョージ・ハリスン 氏

ミュージシャン・ビートルズ[イギリス]

2001年 11月29日 死去肺がん享年59歳

ジョージ・ハリスン - ウィキペディアより引用

ジョージ・ハリスン (George Harrison, MBE、1943年2月25日 - 2001年11月29日) は、イギリスのミュージシャン。
ザ・ビートルズの元メンバーとして知られ、解散後もソロミュージシャンとして活躍した。
1960年代にビートルズのリードギタリストとして活動し、解散後はソロとして活動した。
ソロでは、「マイ・スウィート・ロード」や「ギヴ・ミー・ラヴ」「セット・オン・ユー」などをヒットさせたほか、『オール・シングス・マスト・パス』(1970年)は、ロック・アルバムの金字塔として高く評価されている。
スライドギターの名手としても知られる。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第21位、2011年の改訂版では第11位。
2001年に肺癌と脳腫瘍のため死去。
1988年にビートルズのメンバーとして、2004年に個人としてロックの殿堂入りしている。
現在ナイトの称号を故人として初めて授与するかどうか議論されている。
生い立ち 1943年にリヴァプール郊外ウェイヴァートリー区アーノルド・グローヴ12番街でハロルド・ハリスンとルイーズ・フレンチ(アイルランド系)との間の三男(4人兄弟の末っ子)として誕生し、時の国王ジョージ6世に因んで「ジョージ」と名づけられた。

George Harrison(1943年2月24日〜2001年11月29日)。 ビートルズ(THE BEATLES)のギター、コーラス、ボーカルを担当。 ビートルズ解散後も活発に音楽活動を続け、1971年にロック界初の大規模なチャリティーコンサートであるコンサート・フォー・バングラデシュを主催。1974年に自らのレーベル「Dark Horse」を設立。 1978年には映画製作会社「ハンドメイド・フィルムズ」を設立、モンティ・パイソンの映画作品などを製作した。 2001年11月29日ガンのため死去。 (引用元 Hatena Keyword)