芸能人・経営者のおくやみ情報

藤圭子 氏(ふじけいこ)

演歌歌手[日本]

2013年 8月22日 死去自殺享年63歳

藤 圭子(ふじ けいこ、1951年7月5日 - 2013年8月22日)は、日本の演歌歌手。
本名、宇多田 純子(うただ じゅんこ)。
旧姓、阿部(あべ)。
岩手県一関市生まれ、北海道旭川市育ち。
1960年代末から1970年代初頭にかけて、夜の世界に生きる女の感情を描いた暗く陰鬱な楽曲(『怨歌』)を、独特のドスの効いたハスキーボイスで伸びやかかつ深々と歌い上げ、その可憐な風貌とのギャップも相俟って一世を風靡した。
代表曲は「圭子の夢は夜ひらく」。
別居中だった夫は音楽プロデューサーの宇多田照實、娘は音楽家の宇多田ヒカル。
元夫は演歌歌手の前川清。
幼い頃から浪曲歌手の父・阿部壮(つよし)、三味線瞽女の母・竹山澄子(2010年に死去。
享年80)の門付に同行。
旅回りの生活を送り、自らも歌った。
勉強好きで成績優秀だったが、貧しい生活を支えるために、高校進学を断念。
17歳の時に岩見沢で行われた雪祭り歌謡大会のステージで歌う姿がレコード会社の関係者の目に留まり、上京。
約1年間、初代林家三平宅に下宿する。
1969年9月25日、RCAレコードより「新宿の女」でデビュー。

日本の演歌歌手。1951年7月5日岩手県出身。本名は阿部純子。幼い頃から浪曲師の父親と曲師の母親とともに門付の旅回りを経験。作詞家・作曲家である石坂まさをによって見出され、69年「新宿の女」でデビュー。70年、「圭子の夢は夜ひらく」が大ヒットし、第1回日本歌謡大賞、第12回日本レコード大賞大衆賞をそれぞれ受賞。第21回NHK紅白歌合戦』に初出場。同年発売のアルバム「新宿の女」と「女のブルース」がオリコンチャートで合計37週連続1位を獲得するなどの大ヒットを記録した。シンガーソングライターの宇多田ヒカルは実の娘である。2013年8月22日、同氏が東京・西新宿の高層マンションから転落死。警視庁新宿署は飛び降り自殺を図ったとみて調べている。 (2013-8-26) (引用元 コトバンク)