芸能人・経営者のおくやみ情報

西岡常一 氏(にしおかつねかず)

宮大工[日本]

(法隆寺専属)

1995年 4月11日 死去がん享年88歳

西岡常一 - ウィキペディアより引用

西岡 常一(にしおか つねかず、1908年(明治41年)9月4日 - 1995年(平成7年)4月11日)は、宮大工。
奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺西里出身。
祖父西岡常吉、父西岡楢光はともに法隆寺の宮大工棟梁であった。
幼少期は、祖父に連れられ法隆寺管主の佐伯定胤に可愛がられ、「カステラや羊羹を定胤さんからようもろうたことを覚えています。
」などの記憶があるなど、棟梁になるべく早くから薫陶を受けていた。
斑鳩尋常高等小学校3年生から夏休みなどに現場で働かされた。
「…そのころの法隆寺の境内では、西里の村の子供たちの絶好の遊び場で、休日にはよく『ベースボール』をして遊んだものだが、夏休みにみんなの遊んでいる姿が仕事場から見えたりすると、『なんで自分だけ大工をせんならんのやろ』と、うらめしく思ったこともある。
」と述懐している。
1921年(大正10年)生駒農学校入学、父は工業学校に進学させるつもりであったが祖父の命令で農学校に入学することになった。
一方在学中は祖父から道具の使い方を教えられるなど、大工としての技能も徹底的に仕込まれた。

にしおか-つねかず 1908-1995昭和時代の大工。明治41年9月4日生まれ。西岡楢光(ならみつ)の長男。法隆寺宮大工の棟梁(とうりょう)。父や弟の西岡楢二郎(ならじろう)とともに法隆寺の昭和大修理に参加,金堂,五重塔などの解体修理にかかわる。薬師寺金堂,西塔の復元再建も手がけた。昭和49年父,弟とともに吉川英治文化賞,平成4年文化功労者。平成7年4月11日死去。86歳。奈良県出身。生駒(いこま)農学校(現郡山農高)卒。 (引用元 コトバンク)

「西岡常一」と関連する人物(故人)