芸能人・経営者のおくやみ情報

吉田増蔵(よしだますぞう)

漢学者[日本]

1941年 12月19日 死去享年76歳

吉田 増蔵(よしだ ますぞう、1866年12月29日(慶応2年11月23日) - 1941年(昭和16年)12月19日)は明治~昭和時代の漢学者。
本名は吉田増蔵、号を吉田学軒と称した。
1866年慶応2年、福岡県京都郡勝山町(現在のみやこ町勝山)に生まれる。
官吏・技術者で、日本の近代製麻業の創始に貢献した吉田健作(よしだけんさく)を兄に持つ。
村上仏山の漢学塾・水哉園にて学び、漢詩文に抜群の才能を発揮する。
京都帝大で支那哲学を専攻した後に、英語を学びアメリカに渡る。
帰国後は、更に漢学・漢詩に力を注ぎ、奈良女子高等師範学校(現奈良女子大学)、山口県立豊浦中学校(現豊浦高等学校)で教職する。
1920年(大正9年)には宮内省図書寮の編修官となり、当時、宮内省帝室博物館総長兼図書頭であった文豪・森鴎外と親交を深めている。
鴎外の遺言書には、所蔵する和漢の蔵書を「吉田増蔵君に贈るべし。
吉田君の外善く之を用ふるものなし」と綴られており、鴎外が没した後、特に元号研究は吉田に引き継がれた。

  • 題名
    学軒詩集
    著者
    吉田増蔵
    発売元
    汲古書院(印刷)
    発売日
    2004-03
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 2,000 より

「吉田増蔵」と関連する人物(故人)