芸能人・経営者のおくやみ情報

江副浩正 氏(えぞえひろまさ)

リクルート(現・リクルートホールディングス)創業者、元会長[日本]

2013年 2月8日 死去肺炎享年77歳

江副 浩正(えぞえ ひろまさ、1936年(昭和11年)6月12日 - 2013年(平成25年)2月8日)は、日本の実業家。
特例財団法人江副育英会理事長。
株式会社リクルートの創業者。
1988年(昭和63年)に発生した「リクルート事件」の贈賄側人物として知られる。
甲南中学校・高等学校を経て、東京大学教育学部教育心理学科卒業。
リクルートを創業し、大企業に成長させた。
1988年(昭和63年)1月会長に就任、同年6月に「リクルート事件」報道が始まり、1989年(平成元年)2月に逮捕。
リクルート裁判は14年間、開廷数322回に及び、日本の裁判史上記録的な数字であった。
2003年(平成15年)3月、執行猶予付き有罪判決を受けた。
その後、人材育成を支援する財団法人江副育英会や執筆業、慈善事業などを通じて活動していたが、2013年(平成25年)2月8日、東京都内で死去。
エピソード 江副のスキーの腕前はプロ級であり、安比高原スキー場(岩手県)を1981年(昭和56年)に開業したのもリクルートである。

えぞえ-ひろまさ 1936-2013昭和後期-平成時代の経営者。昭和11年6月12日生まれ。「東大新聞」の広告担当だった経験をいかして,昭和35年東大卒業と同時に求人広告専門の大学新聞広告社(現・リクルート)を設立。高度経済成長下に情報企業群をそだて,教育事業,不動産業にも進出。63年不動産会社「リクルートコスモス」の未公開株を政財官界関係者に大量譲渡したリクルート事件が発覚,平成15年有罪が確定。のち江副育英会理事長としてオペラの普及や若手芸術家の支援にたずさわった。平成25年2月8日死去。76歳。大阪府出身。 (引用元 コトバンク)

「江副浩正」と関連する人物(故人)